カラダに異変がおこると、ヒトは思わず痛いところ、つらいところに手をあてるところから「手あて」という言葉は生まれました。
カラダのバランスがくずれると、カラダの表面にあらわれる痛みやコリ。そこに手をあてることでその症状をやわらげようとしたのが「手あて」のはじまりです。やがてカラダの中(内臓)のトラブルと、カラダの表面にあらわれる痛みや異常にはつながりがあることがわかり、そのポイントをツボとしたのです。
カラダへの究極の「手あて」、それがお灸なのです。

「お灸は効くの」と質問をよくいただきますが、お灸には「効く」という言葉はふさわしくありません。
というのも、お灸は私たちのカラダが持っている自然治癒力をサポートし、高めることがその主な働きです。症状がやわらぐ、改善できるというのはあくまでもカラダの持つ自然治癒力の働きによるのです。
だからお灸は「効く」のではなく自然治癒力を高め、その結果として症状がやわらぎ、改善されるのです。

現代医学の治療が「病気を治す」ことが中心であるとすると、お灸をはじめとする東洋医学は「カラダづくり」が中心です。
私たちは「病気を治す」ということだけに目が向きがちですが「カラダづくり」と並行することの大切さが今、注目を集めています。そうすることでお互いが補完しあい、よりすこやかな日々の暮らしにつながっていくのです。

東洋医学の歴史は「いかにすこやかに生きるか」の追求でもありました。その集大成のひとつがお灸なのです。
お灸によるセルフケアを通して、日々カラダに手をあてることから生まれる、カラダとの対話こそが明日のすこやかライフへの道なのです。

(※上記の文章は、せんねん灸 セルフケアの森より抜粋いたしました。)

(簡単ネット予約!⇒麒麟堂予約サイト!