自律神経は人の身体の免疫力に深くかかわっています、今回は免疫力について考えたいと思います。


人には風邪をひきやすい人、ひきずらい人がいると思いますが、その違いは免疫力のちがいだそうです。


風邪の原因の細菌やウイルスを、自分の免疫力で退治できるか、出来ないかの違いです。



 外部からの異物(細菌、ウイルスなど)、内部の異物(ガンなど)を処理するのは免疫をつかさどる血液の白血球です。



白血球の中には細菌を退治する顆粒球、それ以上小さなもの(ウイルス)を退治するリンパ球に分かれます。



 交換神経が高まると、顆粒球が増え、副交感神経が高まると、リンパ球が増えるのだそうです。



交換神経が高まると基本的には顆粒球が増え感染症に対する抵抗力が高まりますが、あまりにも交換神経が高まりすぎると、顆粒球が増えすぎ、身体の中にいる細菌以上に増え、身体にいい菌まで処理してしまい、免疫力の低下につながります。
 
さらに使われない顆粒球は(顆粒球の寿命は2~3日)寿命を迎え、活性酸素
をばらまきながら死んでいき、細胞を傷つけます。



 そして逆に副交感神経が高くなると、リンパ球が増え基本的に抗原に対して素早い対応が出来て、免疫力が上がりますが、さらにリンパ球が増えて行くと抗原に対して過剰に反応するようになり、アレルギーを引き起こします。



 結果、どちらが高すぎても身体は異常を起こすのです。



交換神経と副交感神経がアクセルとブレーキの様な役割で表すとわかりやすいと思いますが、アクセルを踏んで、ブレーキが効かない状態(交換神経優位)か
アクセルを踏んでもすすまない状態(副交感神経優位)かになると思います。



 いずれにせよ、自律神経のバランスが崩れることで免疫力が落ちるので、アクセル、ブレーキのバランスが大切になります。

 

(簡単ネット予約!⇒麒麟堂予約サイト!