最初に、坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている神経で、さまざまな原因で坐骨神経が圧迫、刺激されることで、痛み、痺れが起こる症状をいいます。

多くは、腰痛のあとに引き続き発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先など坐骨神経が伸びているラインに痛みやしびれるような痛みがあらわれます。

坐骨神経の原因は?

若い人の場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になってくると、腰部脊柱管狭窄が増えてきま
す。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアは腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって神経根が圧迫され、下半身に痛みや痺れ、痛みを引き起こします。
 
坐骨神経痛の原因には、上記の腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアの他に、梨状筋症候群、脊椎、脊椎のがん、骨盤内のがんなどもあります。
 

坐骨神経痛の症状は?

①腰を動かすと、足の痛みが激しくなる。
 
②安静にしていても、お尻や足が痛くて眠れない。
 
③足の痛み、しびれだけではなく、腰にも痛みがある。
 
④靴下を履くときなど、身体をかがめると痛くて靴下を履けない。
 
⑤立っているとき、足が痛くて立っていられない。

坐骨神経痛は中高年の方に多く、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、脚にかけて、鋭い痛みやしびれ、痛み、ふくらはぎの張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状があらわれます。
こうした症状は、脚の一部分だけに強く感じることもあれば、脚全体に強く感じる場合もあります。

その中で、鍼で治る坐骨神経痛、対象になる症状は、大腰筋の痙攣により起こる坐骨神経痛です。
大腰筋に鍼をして治る坐骨神経痛の症状としては、
 
①足の一部ではなく、足全体的に痺れ、痛みがある。
 
②夜、明け方などに、痛みで目が覚め、起きることがある。

③身体を前側に倒し、えびのようにまるまると楽になる。

④長い時間腰掛けていて、同じ姿勢を長く続けていて、立ち上がりづらくなる。

⑤病院でレントゲンを撮ったら、骨の間が狭くなっていると言われたが、CT,MRIで検査して異常がない。

などの痛みがあるのに、骨には異常が見られない症状の場合、「気のせい、年のせい」といわれる症状は、大腰筋に鍼をして良くなる症状です。

坐骨神経痛の治療法は?

一般的に、病院では、薬物療法、神経ブロック療法、理学療法、認知行動療法・リエゾン療法、脊髄(脳)刺激療法、外科的療法などがあります。
 
外科的療法は、今進んでいて、身体に小さな穴を開け、「内視鏡下ヘルニア摘出術、顕微鏡下ヘルニア摘出術​​​​​​​」などがありますが、基本的に対処療法で、出っ張って、神経に触れているヘルニアを取る方法ですが、大腰筋が収縮、痙攣が原因の場合一時的には痛みを緩和することが出来ますが、根本治療にはなりません。
 
大腰筋の収縮、痙攣は、大腰筋を緩めなければ、また元の木阿弥です。
 
 

坐骨神経痛の鍼によるアプローチ法は?

坐骨神経痛には鍼が効くのと効かないのがあります。

整形外科でレントゲンを撮っても骨に異常がなく、「気のせいですよ、」とか、「様子を見てください。」と言われてしまうような、異常の見られない坐骨神経痛は鍼で治る可能性があります。

このような症状は大腰筋の痙攣などによる症状だからです。

大腰筋は、胸椎12番から腰椎の5番に始まり、大腿骨の内側小転子についている筋肉で、作用は大腿部(膝)を持ち上げる作用をします。

この筋肉が、痙攣等を起こすと、腰がひっぱられ、前かがみになります。

お年寄りで、腰が伸びない方は、大腰筋が収縮していることが考えられます。

「立ち上がるとつらい、」「姿勢が前かがみになる。」などの症状は、大腰筋の収縮により、立ち上がりづらい物と考えられます、この場合、北京堂式、大腰筋刺鍼が効果を発揮します。

普通の短い鍼では、大腰筋にはアプローチ出来ません。大腰筋に届かせるためには、最低6センチは刺入しなければアプローチ出来ません。

寸6の鍼が、鍼体で5cmなので、これでは届きません。

2寸でも6cmなので一杯入れて触れるぐらい、2cm位は体表に残すので、最低でも3寸(9cm)は必要になります。

このように北京堂式の鍼は筋肉に直接アプローチします、それが一番効果的であると確信しているからです。

「気のせいです」、「様子を見てください」と言われている方は一度北京堂式の大腰筋刺鍼を体験してみてください!

ご予約はお得な、鍼灸麒麟堂予約サイトで!