膝の痛みのある方は比較的多く、膝痛で悩んでいる人もかなりいますが、

整形外科などでは、痛み止めや、湿布などを処方してくれますが、それでもだめな時は、膝に人工関節などを入れる手術を行ないます。

手術をしなけれならなくなった場合、その前に鍼治療をして見ませんか。

一般に膝の軟骨、半月版は残念ながら一度減ってしまうと再生しません。

それでも、鍼治療により痛みの緩和は出来ます。

手術に比べれば、痛くもないし、副作用もありません。

膝の痛みは膝の周りの筋肉が固くなり、バランスをくずして、膝のどちらかが引っ張られて、膝関節がすれて痛みを出します。膝の痛みも固くなった深層筋を緩めることで、膝回りの筋肉のバランスをとる事により、かなり痛みの緩和が期待できます。



一般的な治療法は、膝周りのツボを使いますが、今回はそれプラス、大腿部の痛みの治療です、大腿部の治療は表面的な治療でもある程度は取れますが、深部の治療、(インナーマッスル)に関してはなかなか取る事は難しいです。

 

浅く鍼をして一時的に治っても、本治にはなりません。


だいたい普段足を動かしていれば動く筋肉は、動かしていればある程度痛みは緩和していきます。



しかし本当に治りずらいところは一番動きずらい筋肉、深層筋(インナーマッスル)です、インナーマッスルは骨の際についていて身体を支えたり、骨格を安定させる筋肉です。



支える筋肉は動きも少なく、筋肉の収縮運動もあまりありません、当然動きが少なければ血液の流れもとどこうりがちになり、痛みはなかなか引きません!



大腿部のインナーマッスルは中間広筋、大腿部の表面にある、大腿直筋の下にあります。



治療は大腿骨の骨際を上から骨当てし、その骨の左右の骨際を貫通させ、今度は骨の上側を左右横から、骨際に貫通させます。受けている方はいつもと違う(浅い鍼とは)感覚にビックリします。



患部に鍼があたると、施術者はねちょとした感覚が手に伝わります、これが硬くなっている患部の感覚で、その感覚があると患部に当たったのでそこで少し鍼を進め、瘤鍼(鍼を刺して少しの間とどめる事)します。



ここに当たって始めて効果があります。



収縮する筋肉は一般的に筋肉の始まり(起始)終わり(停止)部分に一番負荷がかかり、硬くなりやすい為、起始、停止の把握が大事になります。



それを間違えると、なかなかいい結果にはつながりません。



麒麟堂の鍼は整形外科的な、鍼治療で筋肉がターゲットになります。

筋肉がターゲットの為、何より筋肉の把握が大事になります。

ご予約はお得な、鍼灸麒麟堂予約サイトで!